行政書士の市販教材の裏話

実は市販されている行政書士のテキストには、業界の裏話があります。

突然ですが、市販されている行政書士の教材の目的は何でしょうか?
多分多くの方は、
「試験に合格するための知識を身に付けてもらうため」
「数多く売って印税をもらうため」など言うと思います。
確かにそれらのような事も多少はあります。

しかし、本当の目的は、学校に通学してもらうためか、
何らかの教材を販売するための、 いわば宣伝なのです。
つまり、あなた合格するためではないということです。
もしくはそれでは合格出来ないことを知っています。

考えて見て下さい、 市販の教材を販売しているのは、主に資格学校です。
資格学校のビジネスモデルは、高い受講料を貰い、学校経営をしています。
それをわずか2,000円~3,000円くらいの教材で合格してしまったら、
学校経営が成り立たなくなります。
そんな事を学校側がするわけがありません。

中には、印税がもらえるという方もいますが、
資格系の教材はそれほど売れるものではないで印税はたかだか知れています。

ですから、教材に載せられることには限界がありますし、
ベージ数にも限りがあります。

また、文章ではどうしても表現できない事もありますので、
テキストだけで、全てを理解するのは無理があるのです。

もしかしたら、このような事をまったく知らなかった方もいると思います。
驚かれた方もいるのではないでしょうか?

しかし、業界ではこれらの事は誰もが知っている常識です。

何が言いたいのかと言うと、これから行政書士の勉強をする方は、
こうした事を理解して教材選びをして欲しいのです。

有名な学校が発行しているから合格できるとか、安心とか、
そうした常識を取り払って教材を選んで下さい。


>>合格のための教材がすべてそろった通信講座があります。

行政書士教材メニュー