行政書士のDVDとCD講義の選び方

行政書士に合格するためには、DVDとCD講義が必要になります。
ただ、DVDとCD講義なら何でも良いわけではありません。
その精度が重要です。

しかし、精度といっても中身を全て確認することは出来なので、
実際のところはわかりません。
そこで、ポイントなるのは、撮影方法です。

映像で見る講義は、ライブ講義に比べ迫力と臨場感に劣ります。
実際に長時間見てもらえれば分かりますが、迫力と臨場感のない講義は、
すぐに飽きて眠くなります。
そうなれば、逆に講義がないほうが良いということになります。

良くあるのが、教室で行なっている講義をそのまま撮影した物です。
そうした講義は、実際に講義を視聴している感覚にならず、
どちらかというと講義を覗いている 印象です。
その結果、勉強が良く理解できず、学習効果が低くなるのです。

それでは、映像に迫力と臨場感があるのはどういったものなのかというと、
そのためだけにハイビジョン撮影している物です。

DVD講義を作るためだけにハイビジョン撮影した講義なら、
まるでマンツーマンで講義を受けている感じになり、
知識が頭にぐんぐん入ってきて、学習効果が高くなります。
しかも見ていて飽きません。

その結果、短期間で知識を深く理解できて、
少なく勉強でも合格できる力が身に付くのです。

しかし、そうした精度の高い講義は、
残念ながら、通信教育を受講しないと手に入りません。

たまに、テキストに付属してある音声だけの講義はありますが、
それは論外です。
あくまでもテキストの補足にしかなりません。

ですから、特別な事情がなければ、通信教育を受講した方が
効果的な学習が出来ます。

もちろん、通信教育を受講するとお金がかかりますが、通信教育専門校から
低価格で学べますし、スクールの通信よりも通信の精度が高くなります。

また、全ての教材を揃えてくれるので、教材探しの手間が省けます。

是非、参考にして下さい。


>>合格のための教材がすべてそろった通信講座があります。

行政書士教材メニュー